【解決せよ!】究極の黒いARマーカーが挑む"認識できない" 課題

【ARマーカー】 "読み込まない" をなくし、AR体験をスムーズにしよう!

こんにちは。暗素研の小笠原です。

 

 今回は、光を吸収する黒色素材を活用したARマーカーのご紹介をします。

この記事は、作成したARマーカーが

・読み取れない、認識しないといったお悩みを持つ方向けに作成しています。

 

○ARマーカーを作成している方

○イベントや展示会でAR技術を用いたい方

○ARについて研究をしている方もぜひご覧ください

 

 ARの良い点とその課題

ユーザー体験の向上や滞在時間の向上、複数個所に設置すれば回遊性の向上など、多くの効果が期待できるAR。

しかし、照明の近くや、ARマーカーの角度、屋外のような強い光がある場所でマーカーを使用する場合には、ARマーカーが反射して、認識されにくいという課題があります。

 

そこで私たちKoproでは、黒色素材を使用してARマーカーの課題解決に挑みます!!

 

 

ARマーカーが認識できない!4つのチェックポイント

ARマーカーを作成したのに読み込まれない!

そんなときにはこちらの4つのチェックポイントをご覧ください。


① ARマーカーとスマートフォンの角度や、スマートフォンのかざし方が適切ではなかった場合

② ARマーカーの撮影場所が暗すぎたり、明るすぎたりして白と黒のコントラストが低い場合

③ ARマーカーをラミネートしていて、光沢がある場合

④ 太陽光、もしくは工場や屋内での照明によって、ARマーカーが反射している場合


このようなARマーカーが読み取れない問題に対し、黒色素材で認識率を高めていきます!!

高いコントラストの秘密は「反射をしない黒」キャリブレーションボードの制作も可能

ARマーカーが反応しない、読み取りにくい課題に挑戦するのはこちらの黒色素材。

その名も「ファインシャット」

 

「ファインシャット」は光を吸収し、反射防止のためにつくられています。

優れた光学特性と厚み0.22mm~という驚異的な薄さの両立。

この特性を活かして、一眼レフカメラのミラーボックス壁面の迷光防止部品として採用頂いております。


右の写真は、電子顕微鏡で「ファインシャット」の表面を観察した画像です。「ファインシャット」は製品表面が微細多孔構造になっており、その凹凸構造の中に光が入り込む事によって光の吸収を行います。

そのため、「ファインシャット」に光が当たっても反射をしない "黒よりも黒い黒色" が実現可能となりました。

 

この「ファインシャット」に、白いアクリル板を下地として貼り合わせ、レーザー加工を行います!

 (画像左の黒い素材が「ファインシャット」、右側が白い素材がアクリル板となっております。)


低反射のARマーカーで、反射や光沢問題にさよならを!


完成したのがこちらの低反射ARマーカー!

究極の黒色マーカーです!

 

※シールタイプもございます。

【認識率UP!】シールタイプのARマーカーで物流現場の自動化を目指そう!

 

他にも、低反射のキャリブレーションボードの制作も可能です。キャリブレーションボードの光沢や反射に悩まされている方はご相談ください。

 

↓読み取れるかどうか、試した動画です。

読み取ると、弊社を代表する黒いものが出てきます。

低反射のARマーカーは、実際にどれだけ反射をしないのか?どのくらい光を吸収して黒いのか?印刷の黒色との比較の動画もあります。

↓左側が一般的な印刷の黒色、右側が黒色素材「ファインシャット」を用いて制作した、低反射のARマーカーです。

究極の無反射の黒色をご覧ください。

低反射のARマーカーのオーダーはできますか?


 

1点からのレーザーカット試作、加工が可能です。

価格の目安として、画像右のARマーカーの価格を記載させていただきます。

 

サイズ:200×200mm

アクリル板2mm

 

  1枚での発注:12,000円 (+送料)

10枚での発注:一式 51,000円 (+送料)

 

 

デザインやサイズによって価格が異なります。

マーカーのデザインなどをご相談いただき、お見積りを作成いたしますので下記のメールアドレスまでご連絡ください。

Mail : kopro@koyo-orient.co.jp

 

関連記事

看板、パネルへの無反射処理事例を紹介!!

黒い看板の決定版!世界一黒いサインプレート

世界一の黒さ対決!?VANTABLACK vs 太黒門