【低反射の黒いキャプション】美術館に潜む反射の課題を解決しよう

美術館や博物館に潜む、反射の課題とは?

こんにちは。暗素研の小笠原です。

こちらの記事では、

美術館や博物館、科学館などで使用できる低反射のキャプション、説明パネル

についてご紹介します。

個人の方でも使用できるプレートなので、作品を展示されている方はぜひご覧ください。

 

 低反射のキャプションの特徴をご紹介します。

・強い光を当てても反射しないため文字が読みやすい

・暗室での展示で、ライトアップしても反射しない

・白と黒のコントラストが高いため、明るい場所での視認性も高い

 

サイズを大きくすれば、解説や案内板などにも使用が可能です。

 

↓それでは実際に低反射のキャプションをご紹介していきます。

 

美術館や博物館内の説明パネルについて、反射で見えにくいを解決しよう


↑こちらが低反射のキャプション。

黒い部分は、光吸収素材を使用し、文字部分はレーザー加工を行っています。

下地は、アクリルパネル、他にはシールタイプ(後述します)もあります。

 

視認性の高い低反射のパネルの実力

低反射と言っても、どれくらい反射しないのでしょう?

印刷した黒色のキャプションと、低反射のキャプションを比べてみました。

↑比較してみると、低反射のキャプションのほうが読みやすいことがわかります。

暗室でスポットライトを当てる際にも反射せず、光沢によって読みにくいということがおさえられます。

 

低反射のキャプション シールタイプ

こちらは裏面が粘着式のシールになっています。離形紙をはがすと貼ることができますが、そのままお使いいただくこともできます。

 

ウォールアートも低反射で見やすい展示に!

文字のみを切り抜いて、ステッカーやウォールサインも表現が可能です。

ライトアップして、反射で見えにくい場合にご相談ください。文字以外にも、ロゴやマークなどの表現もできます。

 

現代アートの展示で、言葉や文字を構成してインスタレーションを展開する場合にも、黒い部分が反射しないのでより作品や、メッセージが伝わりやすいかと思います。

文字を白抜きにして、周りを黒くすることもできます。

 

低反射パネル、色見のバリエーション。和モダン風のアートパネル

下地の色は白色以外にも選べるのか?といった質問もありましたので参考までにご紹介させていただきます。
金色、銀色の下地もあり、レーザー加工で作成しているためデータ次第で様々な模様や柄の表現も可能です。

画像のパネルは、黒、金、銀とつやをおさえていて、落ち着いた雰囲気を表現できます。

 

低反射のキャプション お問い合わせ

 

低反射のキャプションをお求めの際は、お問い合わせフォーム、もしくは下記メールアドレスまでご連絡ください。

Mail : kopro@koyo-orient.co.jp